早めにつけよう「おもいやりライト運動」を実施します

 

薄暮時の交通事故防止対策としておもいやりのライトをつける取り組みが全国に広がっています。見るためではなく、見られるための光をつけて交通事故を削減する取り組みです。

交通事故が一番多い時間帯は夕方16時~18時と言われています。この時間帯はドライバーにとっても歩行者が見えづらく、歩行者にとってもクルマの接近に気づけない、そんな時間帯でもあります。

そこで、弊社も「おもいやりライト運動」に賛同し、出発時のライトON、薄暮時は早めにライトを点灯させて交通事故を防止することを目的とし取り組みを実施します。

 

期   間  :2014年11月3日(月)~1月31日(土)

点灯時間帯 :【AM】出発時~1件目到着まで  【PM】16:00時~センター到着まで